【ブログを始めるにあたって】初心者の私がジャンル選定をミスった話

aganism_jiisan1
2015年10月17日でブログ1周年

まだまだブロガーとしては新参者です。
が、1年やってみて、ブログというものについて思うこともいろいろと出てきましたのでちょっとお話させてください。

■ブログをはじめたきっかけ

  • 勤めていた会社が廃業して暇になった
  • ブログ教室(ワードプレス)の募集をみた
  • お小遣いくらいにはなるかと思った

■やってみて

  • 思いのほか時間をとられる
  • 頑張れば見返りもある
  • 失敗したと思うことも多い

今回は、3つ目の「失敗したな」と私が感じる部分についてお話します。

SPONSORED LINK

ジャンルについて

4a58317029b6010c7ce9b27d042e272e_m
当ブログはノンジャンル、つまり、自分が気になったことなんかを片っ端にネタにするスタイルをとっています。基本的になんでもOKであることから、ネタには困りません。

しかし、ノンジャンルはかなり難しいというのが1年やってみた感想です。

ノンジャンルが難しいと感じた理由

ブログを始める人というのは、有名人でなければたいてい「馬の骨」から出発します。どこの誰だかわからない状態っすね。
記事数を重ねていくことで、ようやく書き手の人となりというものが読み手に伝わっていくものです。

  • 趣味や嗜好
  • 考え方
  • 暮らしぶり

など。
そして、共感や批判が生れます。

■当ブログはどうか

我がブログときたら、相撲記事の次にイングレスの記事がきて、スイカの効能について書いたと思ったら、こんどは映画について書いてみたりと、てんでバラバラ。

  • カテゴリー分けはしているもののジャンルが曖昧すぎ
  • ブログを読んでほしい層などの設定もあやふや
  • 書き手の顔が見えにくい
  • 「私はこう思う!」等の意思表示が希薄

共感も反感も生まれにくく、空気のような記事が増えて、私は依然として馬の骨のままです…。ほかの記事を読んでみよう!という気になりにくいということですね。これは、ブログに再度訪れてみようという人たち、いわば、読者を獲得しづらいということです。

※というわけで当ブログ(Aganism)は、やや実験的な側面が強くなりつつあります。
ノンジャンルということを逆手にとって、様々な記事を投稿してみて、どういう記事がより長く読んでもらえるのかなどを地道に調べたりしています。

 

ただし、読者がいなくても、このブログのように一応は成立します。記事ごとの上位表示(検索1ページ目)を目指して、単発で読んでもらうという方法です。

リピートがなくても、検索ボリュームの多いワードで上位表示できれば読んでもらえますよってことですね。ただしそれには技術的な勉強(またはサポート)も必要でしょう。

まあでも、ブログという形をとっている以上は、「また訪れてみたくなるようなブログ」が本望ではあります。

次にブログ始めるならこうする

216910
次に私がブログを始めるとするなら、まずはブログの『ジャンル』ざっくりと考えます。

スポーツ、料理、旅行記、ガジェット、書評、映画、ゲーム、釣りetc…

こうした、ざっくりとしたジャンルを決めておけば、この枠から逸脱しなければ、ブログに統一感を持たすことができるでしょう。もっと特化した(尖った)ブログにしたければ、ここからさらに絞り込みをかけるのもいいですね。

  • 料理ならばお菓子作り
  • 釣りならば磯釣り
  • ガジェットならばスマホに特化させる

といったように。
特化させることのメリットはなんといっても気の合う読者を獲得しやすいこと、検索する人の「知りたいこと」にピンポイントの記事が書きやすいことではないでしょうか。

また、自分が好きで書くのだから、執筆も捗るはずですね。ただし、該当するジャンルに対するそれなりの理解と知識も必要になるでしょう。※知識が乏しくても書けなくはないけれど、信頼のおけるブログになるかは疑問

おおまかなジャンルを決めたら、自分にどういうことが書けるのかを考えてみる作業。

たとえば私は相撲が好きなので、「大相撲」というジャンルを選んだとしてどんなことが書けるのか考えてみます。

  • ノウハウ
  • 知恵袋的なもの
  • レビュー
  • ニュース
  • まとめ
  • 日記

相撲だと、上記のような記事になるのではないでしょうか。

ノウハウ

「正しい立ち合いについて」など。
ま、知りたいという人が多いかは疑問ですが…。

ただ、ブログ主自身が力士だとすれば話は違います。プロが相撲の立ち合いについてレクチャーしてくれれば、これは価値のある記事になりますね。

ノウハウ記事は、ある程度、ブログ主自身がそのジャンルに精通していることが必要になります。

●ノウハウ系記事—四股踏みはダイエットにも効果あり!?

知恵袋

「相撲の歴史について」など、知識系の記事になります。

こうした記事を書くときは、自分よりも詳しい人がいる、というのは前提にしておいたほうがいいでしょう。
間違ったことを書くことも控えたいものです。
かといって、他のサイトの引用ばかりでは記事の価値もありません。

ただの2次発信にせず、記事に独自性を持たすためには、一言感想を添えたり、難しいところを面白く読ませたりという工夫も必要になります。

●知識系記事—力士の体脂肪率ってどうなってるの?

レビュー

両国国技館の近くのお食事処の紹介、ちゃんこの美味しい店の紹介など。

自分の感想なくしては成り立たない系の記事なので、書き様によっては非常に独自性のある面白い記事になりやすい特徴があります。

自分が「イイ!」と思えばそれを堂々と(しかも丁寧にわかりやすく)伝えましょう。
ただし、「ダメ!」だと思ったものを「せっかく利用したのだし…」といった理由で「イイ!」と伝えるのは×。信用なくします(笑)

●レビュー記事—お相撲さんの匂いはオーミすき油?

ニュース

大相撲は場所ごとに15日間行われます。
その期間だけでも毎日更新を心がけて、印象に残った取組をピックアップ。
ただそれだけだと大手のスポーツサイトに勝てるわけがありませんので、独自の視点で解説などを加えると、グッと面白くなるでしょう。

優勝力士の15日間の取組を振り返ってみたり、特定の力士にスポットを当ててみたりするのもいいかもしれません。

●ニュース—白鵬ダメ押し!またやっちゃった

まとめ

まとめは、情報を整理する作業になります。
ネットや書籍等に散らばった情報をまとめて、読み手にわかりやすく記事にします。

相撲関連だと私の場合は

太刀山~千代の富士 還暦土俵入り
力士のかっこいい名前!?

こんな感じでまとめてみました。

大手のまとめサイトがすでに存在しますし、引用が占める割合が高くなるので、感想や一言を添えて、読者に「面白い」と思ってもらえれば言うことナシ。

日記

「稽古の見学に行ってきた」や「観戦記」など。
読み手が体験できないこと(体験しようと思っても難しいこと)などを記事にできると面白い。

ただ、日記は難しいなあというのが個人的な感想。平凡な日常を送っている自分には、記事にできそうなことなど、そうそう起こらないので。まあ、ネタを待ってるんじゃなくて、探しに行かなくちゃいけませんな。難しいぶん、すべてが自分の体験なわけですから、これに勝るもんはないでしょう。

「空港でお相撲さんを見た」「相撲中継見てたら居眠りした」では面白くもなんともないですが、些細なことでも面白くかける人ならばこういうのもアリですね。

「継続は力なり」で面白い日記を数多く書くことで、読者を少しづつ獲得できればブロガー冥利に尽きるでしょう。

最後に

bsPAK85_notepc20150319202127
あなたが特定のジャンルのものについてブログを始めるというのならば、上述した「相撲」の部分を自分の思うジャンルに置き換えてみて、どんなことが書けるかを想像してみてください。
実際に自分にどんなことが書けるのかを想像することって意外と大事だと思います。

そして、それを読みたい人がいるのかどうかに思いを巡らせてみてください。あんまり尖りすぎちゃうと、読者がほとんどいない!という状況に陥りかねませんので(笑)。自己満でブログを綴るのならそれでもいいのですが、どうせなら結果も求めたいですよね。

そのうえで、どう書けば読者にストレスなく読んでもらえるかを考えてみるとよいでしょう(自分もまだできてないですが)。

もし、ノンジャンルでやりたいのなら、どういう層に読んでほしいのかだけでも設定しておくことをおすすめします。
主婦、おっさん、若いサラリーマン、ニート、起業家、などなど。「こういう人に読んでほしい」という設定があるだけで、ブログに特色を持たせることができるはずです。

また、設定した層へのアピールとして、自分の境遇は大変な強みになります。たとえば、ネガティブに捉えられがちな薄毛のこと、失業のこと、受験にしくじったことなども武器になるってことです。
こうした“体験”から、ジャンルが絞られてくるという可能性ももちろんあるでしょう。

層の設定なんかいらないというなら、物事に対する意見や考察を記事に盛り込んで「俺はわたしはこう思う!」ってことを表明するだけでもブログに血が通い始めると思いますね。

まあ、リスクはありますが、これがブログの面白いところでもあります。

以上、1年やってみて「もっとしっかり考えておけばよかったなあ」というジャンルについてのお話でした。趣味で気軽に始めるっていうのなら別に深く考えることはないんですけれど、それなりに読んでもらえるブログにしようと思ったら、技術面を磨くと同時に、ジャンルやカテゴリーについても一考する価値はあると思います。

無計画になんでもかんでも書いてると私のブログみたいになっちゃいますヨ(ノД`)・゜・。

SPONSORED LINK

関連記事

sirius1

【SIRIUS サイトのバックアップと復元】 ライセンスを再発行して新しいパソコンで作業する場合の備忘録

サイト構築に力を発揮してくれる「SIRIUS(シリウス)」というツールがあります。 H

記事を読む

ツイッター仕様変更について

【ツイッターのデザインが崩れてませんか?】count.json終了による影響が広がりつつある?

なんか10月に入ってから友人、知人のブログの様子がおかしい。 ツイッターのツイート数(シェア数

記事を読む

コメントを残す

ドラゴンズドグマ オンライン_20151217165946
【DDON】ポーンのゆさぶり命令が実装されたわけだが【12/15アップデート】

12月15日にシーズン1.2アップデートが行われたドラゴンズドグマオン

1449454828361
【2016】システム手帳はやめてキャンパスノート手帳にしてみた

年の瀬に思うことのひとつに 「来年からは手帳を持って、仕事の

1449428551004
【フェイスパック】歌舞伎かキャッツか…一心堂本舗の顔パックを試してみた

毎年冬になると鼻の周りがカッサカサになる。 大変見苦しいので、フ

800px-Gagamaru_2010_Jan
臥牙丸(ががまる)泣く「相手出てるじゃん…」

臥牙丸が泣いた(また)。 なにがあったか知らない人のためにお

kokugi
白鵬 猫だましをきめるの巻

平成27年11月場所十日目、白鵬対栃煌山戦。 立ち合い、横綱がま

aganism_jiisan1
【ブログを始めるにあたって】初心者の私がジャンル選定をミスった話

2015年10月17日でブログ1周年。 まだまだブロガーとし

Dragon's Dogma Online
【DDON:リムが足りない】リムは稼ぐよりも節約する…【ソロ無課金視点】

サポートポーンをレンタルするときに対価として支払わなければならない

42c4c236 - コピー
【通販のチキン南蛮にガッカリ】これ、味のおぐらの看板にキズがつかないか?【宮崎県民視点】

田舎からレトルトのチキン南蛮が送られてきました。 関東に住ん

ドラゴンズドグマ オンライン_20151101175122
【DDON:ソロ】モゴックさん強すぎ!『友の来訪』【メインクエストとりあえず終了】

メインクエスト『友の来訪』 モゴック戦を漸く終わらせました。

Dragon's Dogma Online
【DDON:ソーサラージョブ修練】ポーンにメテオフォール覚えさしたろ【ソロ日記】

課金せずともやれるぜよ 公式のこの言葉を胸に、不自由を感じつ

→もっと見る

PAGE TOP ↑