【還暦土俵入り まとめ】太刀山から千代の富士まで

公開日: : 最終更新日:2015/11/20 相撲 , , , ,

kanreki-dohyouiri
1955年6月1日生まれの元横綱・千代の富士(現・九重九親方)が、2015年5月31日に国技館で還暦土俵入りを行いました。

過去に9人の名だたる横綱が、長寿を祝って行ってきた還暦土俵入り。
その歴史に新たに九重親方が加わったことになります。

本稿では、還暦土俵入りの歴史を振り返りながら、歴代横綱について解説してみます。

SPONSORED LINK

還暦土俵入りとは

akaduna
還暦では、本来、魔除けの意味のある赤い衣服を贈って長寿(暦が還る)を祝いますが、大相撲の世界では衣服に代わって赤い綱が贈られ、それを締めて土俵入りを行うことが知られています。

激しい稽古や取り組み、大食などで短命と言われる(た)力士が還暦を無事むかえられるということは一般の人よりも特別なことと言えるかもしれません。

赤綱(俗称)を締められるのは、当然ですが元横綱のみ。大関以下の元力士が還暦土俵入りを行うことはありません。

また、現役横綱が締める白綱は重さが10kg近くもありますが、赤綱は布であり、もっと軽いものです。

歴代横綱による還暦土俵入り

ではここから還暦土俵入りを行った横綱を順にご紹介します。

太刀山峯右エ門

tachi1

初めて還暦土俵入りを行ったのは第22代横綱太刀山。上野精養軒中庭、山村瀬平と鳴戸を従えて。(昭和12年)

その超豪ぶりから歴代横綱のなかでも屈指と言われる強さを誇った。明治時代にあって身長188センチ、体重142キロは抜群の巨躯。大正の雷電と言われ、黒星ひとつを挟んでの43連勝と56連勝は圧巻の一言。

入門にしてから鳴物入りで、政界の大物であった板垣退助から相撲をとるように頼まれたほど。『角聖』常陸山(ヒタチヤマ)に迫れと言う意味で太刀山(タチヤマ)と名付けたのも板垣退助であるという。

栃木山守也

tochi

上述の太刀山57連勝目を止めたのが写真の第27代横綱、栃木山。東京中がひっくりかえるほどの大騒ぎになったという。蔵前にて太刀持ちに羽黒山、露払いに藤島(安藝ノ海)を従える。(昭和27年)

小兵ながらも怪力でならした筈押しの名手であり、近代相撲の開祖とも言われる。横綱在位時の勝率9割超えはその実力をものがたる。現役引退後は8代目春日野を襲名。

引退7年目(40歳)に行われた「日本大相撲選士権大会」では禿げ上がった頭で出場、現役力士を退けて優勝してしまった。とにかく強かったらしい。

常ノ花寛市

tune5
『角聖』常陸山に学んだ第31代横綱、常ノ花。蔵前にて太刀持ちに時津風(双葉山)、露払いに千代の山を従える。(昭和31年)

生来の負けん気の強さによる稽古熱心さと常陸山の薫陶もあって大成した大正最後の横綱。速攻相撲を旨とし、投げ技(櫓投げ)は特に派手で華麗であったという。

まだ現役で十分通じる力を持ちながら、「醜い相撲をとって横綱の権威を汚してはならない」という理由で突如引退表明。年寄藤島を襲名のち7代目出羽海を襲名、理事長となり角界のリーダーになってからは、戦後の大相撲の復興に尽力した。常ノ花なくして今日の大相撲の隆盛はなかったといってよい。
割腹自殺未遂は常の花の責任感の強さをものがたるエピソード。

栃錦清隆

1tochi

“土俵の名人”こと第44代横綱、栃錦。太刀持ちに二子山(若乃花)、露払いに出羽海(佐田の山)落成直後の国技館にて。(昭和60年)

若乃花とともに『栃若時代』と呼ばれた相撲の一時代を築いた立役者で、昔からの相撲ファンならその名を知らぬ者はまずいないほどの名横綱。
小結時代の体重が82キロというかなりの軽量力士ながら、持前の稽古熱心さで相撲の技術を磨き、入幕後の技能賞獲得数は実に9回。右四つ左半身からの掛け技は多彩で、土俵を沸かせた。

大関昇進のころの体重は98キロだったが、土俵人生晩年には132キロまで達し、個性的ながらも取り口は円熟味を増した。
現役を退いたあとも相撲界のために尽力し、両国国技館を借入金なしで完成させるなどの多大な功績を残した。唯一の汚点としては「手を下さない立ち合い」を始めたことであろうか。大横綱がこれを始めたものだから下位力士も右へ習えで、『輪湖時代』までこの名残りが土俵から消えなかった。

下位時代には同期の出羽錦と初っ切りのコンビを組んでおり、親友であった。

若乃花幹士(初代)

waka

“土俵の鬼”の異名を持つ第45代横綱、若乃花。太刀持ちに間垣(2代目若乃花幹士)、露払いには鳴戸(隆の里)。(昭和63年)

苛烈な稽古で有名な二所一門で実力をつけた昭和生まれ最初の横綱。『栃若時代』のもうひとりの旗頭である。左差し右上手で大型力士を相手にしても切れ味鋭く、技の豪快さや多彩さから異能力士と呼ばれた。

相撲史に残るような名一番の立役者としてもその名が度々あがり、関脇時代に千代の山と互角に渡り合った計17分15秒の大相撲は今でも語り草となっている(結果は引き分け)。番付を上げてからは、同じ小兵ながらタイプの異なる栃錦と数々の名勝負を演じており、相撲の黄金期を築いた。

関脇、大関、横綱と番付を上げていくにつれて勝率も上げていくという、理想的な力士でもある。横綱を受けてからさらに練習量を増やしたというエピソードは責任感の強い若乃花ならでは。

引退後は年寄二子山を襲名、写真の二人の横綱(二代目若乃花、隆の里)、角界のプリンスと呼ばれた実弟貴ノ花、大関若島津を育て上げた。
また、協会では理事長をつとめ、孫弟子であり甥でもある当時の貴花田の幕内最高優勝に際し天皇賜杯を手渡し、有終の美を飾った。

大鵬幸喜

taiho

「巨人・大鵬・卵焼き」第48代横綱、大鵬。太刀持ちに北の湖、露払いに九重(千代の富士)。脳梗塞の後遺症で四股は踏めなかった(平成12年)

言わずと知れた戦後を代表する名横綱。
入門時にして既に将来の横綱を有望視されたという大器であった。その期待からか、稽古は凄まじいものであったらしく、四股500回、鉄砲2000回、滝見山との顔の張り合いでは、顔がカボチャのようになったという。こうした稽古が2年も続いたというから、素質だけで横綱になったわけではないことが知れよう。
あまりの強さゆえ、しばしば天才と言われたが、これは稽古の賜物であって、本人も天才と呼ばれることを嫌っていたようだ。

のちに横綱に同時昇進した柏戸と共に『柏鵬時代』と呼ばれる黄金期を作る。高度経済成長期、カラーテレビの普及に伴い、二人の名前は瞬く間に世間に浸透していった。

平成の大横綱である『白鵬』が、この二人の四股名に由来するというのは有名な話。大鵬の残した偉大な記録である優勝32回に並んだ白鵬が「角界の父に約束と恩返しができた」と語ったのをご記憶の方も多いだろう。

北の富士勝昭

kita0
第52代横綱、北の富士。太刀持ちは九重(千代の富士)、露払いに八角(北勝海)。ホテルニューオータニにて。(平成14年)

“現代っ子横綱”と呼ばれた北の富士が還暦を迎えたのはもう10年以上も前。協会を離れていたことから国技館は使えなかった。

スピード相撲と呼ばれた北の富士だが出世自体は速いとは言えず、大関在位21場所は横綱昇進の当時の最長記録でもある。
短い期間ながらも、同時横綱昇進を果たした玉の海と共に土俵を沸かせた時期を『北玉時代』と呼ぶ人もいる。ライバルであり、親友でもあった玉の海が現役中に死亡するという悲運に見舞われると、自身の相撲も精彩を欠くようになり、昭和49年に引退。九重の名跡を襲名した後、写真の千代の富士と北勝海を育て上げた。

現在はNHKの大相撲解説でおなじみ、明け透けで歯に衣着せぬ物言いから人気を博している。相撲外での派手な交友関係など何かとお騒がせな横綱だったせいか、横綱の品格云々の話はあまりしない。

三重ノ海剛司

mie
三重県初、第57代横綱、三重ノ海。太刀持ちは出島、露払いに雅山。(平成19年)

部屋の大先輩である安藝の海に体型から相撲巧者と言われた取り口までそっくりであったため、『安藝の海二世』と呼ぶ人もいた。
大関陥落を経験しながらも綱に手が届いた唯一の力士であり、努力の人であることが知られている。横綱になったのは34歳であり、かなりの遅咲き。横綱在位は8場所と短く、幕内最高優勝は3回にとどまる。

親方になってからは徹底した猛稽古で武蔵丸、武双山、出島、雅山ほか多くの幕内力士を育て上げ、その手腕は誰もが認めるところである。
2013年に日本相撲協会を停年退職。

北の湖敏満

動画引用元:KYODO NEWS 【共同通信社】

“憎らしいほど強い”第55代横綱、北の湖。太刀持ち九重(千代の富士)、露払い貴乃花。(平成25年)

北の怪童と呼ばれ、当時の記録を次々と塗り替えていった昭和の大横綱。21歳2カ月での横綱誕生はジェット機並みのスピード出世と言われた。

本当は誠実で実直な人柄なのだが、あまりに強いうえに滅多に笑わない、ふてぶてしい、負けた力士に手を貸さないなどの態度で全盛期は嫌われ役だったと言えるかもしれない。負けると手を叩いて客が喜ぶなど大騒ぎになった。しかしこれも強さの象徴であり、横綱冥利に尽きるのではないだろうか。
また、本人にしてみれば「負けろ」と客に言われるほうが燃えるらしく、晩年衰えて同情を買うようになってからは、気力を失っていったと述懐している。

得意は左四つに組んでの寄り、上手投げ。
あんこ型、胴長短足で重心が低く、かち上げにも威力があったうえに腰も重いので突っ張りの威力も強烈なものがあった。

同時期の横綱である輪島と共に土俵を沸かせた頃を『輪湖時代』と呼ぶ。

※相撲協会理事長として相撲界の発展に尽力されていた北の湖親方ですが、2015年11月20日、福岡市内の病院でお亡くなりになりました。ご冥福をお祈りいたします。

千代の富士貢


動画引用元:Kitori Palvanaffさん

筋肉の鎧をまとったウルフ、58代横綱千代の富士。太刀持ち白鵬、露払いに日馬富士。(平成27年)

赤い紙垂を使用したのは千代の富士が唯一。
化粧回しのデザインも、

  • 九重親方…赤富士
  • 白鵬…青富士
  • 日馬富士…白富士

と、凝ったものに。
二人の現役横綱を従えての土俵入りに、九重親方も「感無量」と語った。

現役時代のように、足が頭の位置を優に超えるような土俵入りではなかったが、60歳とは思えない若々しさに、あの”千代の富士”を思い出した人も多かったのではないだろうか。

現役時代の”ウルフ”の生涯戦歴は1045勝、幕内最高優勝31回。
度重なる脱臼をウェイトトレーニングで克服、ウルフフィーバーを巻き起こして圧倒的な人気を得た横綱。
鋭い立ち合い、ぶれない体幹、圧倒的な集中力、驚異的な腕力…

体の小ささを微塵も感じさせない、まさに小さな巨人である。

最後に

tani
横綱というものが大相撲においていかに重いものなのかは、角界に身を置いた者にしかわからないことなのでしょうが、こうして歴代横綱の還暦土俵入りを振り返ると、大相撲の歴史を垣間見ることができるような気がします。
代々受け継がれてきた伝統や習わし(悪習含めて)は僕みたいな一般人が考えるよりはるかに奥が深く、根深く、とても一口で総括できるようなものではありません。さすがは国技と言われるだけのことはありますね。

今回いろいろと調べてみて、様々な理由によって還暦土俵入りが叶わなかった横綱が大勢いることを知りました。九重親方をはじめ、今後、還暦を迎える横綱が皆勤で還暦土俵入りを迎えられるとよいなぁとつくづく思いました。

●参考—相撲大事典 第四版

 

SPONSORED LINK

関連記事

musasiyama

力士の体脂肪率と筋肉ってどうなってるの?大相撲で活躍する関取の強さの秘密とは

大相撲力士の強さを測る目安となるものに体格(形態)があります。 他の多くの競技のように体格によ

記事を読む

800px-Gagamaru_2010_Jan

臥牙丸(ががまる)泣く「相手出てるじゃん…」

臥牙丸が泣いた(また)。 なにがあったか知らない人のためにお話したい。 【平成27年

記事を読む

Terunofuji_2014

【照ノ富士が強い!】横綱白鵬を脅かすおそるべき逸材!素質十分で大関は目前!?

照ノ富士が止まらない。 今までも、その強さと躍進ぶりには光るものがあったけれど、2015年に入

記事を読む

DSC_1651

【御嶽海が強い】遠藤との取組が楽しみなこの力士の名前を心に刻もう!【出羽海部屋完全復活も間近!?】

やはりこの力士のことを書かないわけにはいきません。 御嶽海 久司 22歳 出身:長野県木曽郡

記事を読む

20150311214207

【優勝は白鵬!照ノ富士は殊勲・敢闘賞】怪我の遠藤はどうなる?【大相撲三月場所】

三月場所が終わりました。 白鵬周辺であれこれ騒ぎになっていたので、今場所どうなのかなと注目して

記事を読む

大露羅1

【大相撲力士のかっこいい名前?】面白い四股名・変わった四股名、集めてみたよ

個性的で難解な名前を巷ではキラネーム、またはDQNネームなどといいますが、お相撲さんにも変わった

記事を読む

大相撲 手刀

【大相撲の懸賞金って一本いくら?】片手で掴むのは無理!な時代がやってきた

長年大相撲を見続けている人なら一目瞭然なのですが、最近は、昔と比べて明らかに懸賞金増えてんなぁと感じ

記事を読む

e32858bd89fc05c6ea2dc47a7c00ed36_s-min

【四股踏みはダイエットにも効果あり?】相撲部屋見学でみた力士の稽古はめちゃきつそう!股割り~かわいがりまで

お相撲さんって奇数月の十五日間だけ相撲を取って、あとは何してんの?相撲界って、のんびりしてていい仕事

記事を読む

9318f7bc2b803d9ccee6152ed0262637_s-min

【白鵬 ダメ押し】またやっちゃった…名古屋場所9日目 逸ノ城戦

白鵬がまたダメ押しをやってしまった(ノД`)・゜・ ダメ押しって何のこと?という人のために

記事を読む

オーミすき油

【力士の匂いはオーミすき油】なぜお相撲さんのびんつけ油はよい香りがするのか?【櫨蝋について】

住んでいる土地柄のせいか、たびたび取的(お相撲さん)を街中で見かけます。 よく言われるように、相撲

記事を読む

コメントを残す

800px-Gagamaru_2010_Jan
臥牙丸(ががまる)泣く「相手出てるじゃん…」

臥牙丸が泣いた(また)。 なにがあったか知らない人のためにお

kokugi
白鵬 猫だましをきめるの巻

平成27年11月場所十日目、白鵬対栃煌山戦。 立ち合い、横綱がま

aganism_jiisan1
【ブログを始めるにあたって】初心者の私がジャンル選定をミスった話

2015年10月17日でブログ1周年。 まだまだブロガーとし

Dragon's Dogma Online
【DDON:リムが足りない】リムは稼ぐよりも節約する…【ソロ無課金視点】

サポートポーンをレンタルするときに対価として支払わなければならない

42c4c236 - コピー
【通販のチキン南蛮にガッカリ】これ、味のおぐらの看板にキズがつかないか?【宮崎県民視点】

田舎からレトルトのチキン南蛮が送られてきました。 関東に住ん

ドラゴンズドグマ オンライン_20151101175122
【DDON:ソロ】モゴックさん強すぎ!『友の来訪』【メインクエストとりあえず終了】

メインクエスト『友の来訪』 モゴック戦を漸く終わらせました。

Dragon's Dogma Online
【DDON:ソーサラージョブ修練】ポーンにメテオフォール覚えさしたろ【ソロ日記】

課金せずともやれるぜよ 公式のこの言葉を胸に、不自由を感じつ

Dragon's Dogma Online
【DDONでのオフライン設定】オンライン状態を隠すことはできないのか?

オンラインゲームをやっていると、ログインしていることをフレンド等に

bs3391ef56d8c41ebaefcc7e6f8ea380c13571c67e
【柿の食感が嫌い!】硬めの食感を保つ保存方法はヘタにあり?

柿の季節到来。 なんだけど、柿が嫌いな人が周りに多い。

1444970037869
【アオレンの希望の雫】りんごジュースってこんなに美味しかったのね

りんごジュース、侮っていました。 アオレンの希望の雫、ウマイ

→もっと見る

PAGE TOP ↑