【イケメン力士は遠藤だけじゃないぜ】過去~現在のかっこいい関取衆50人!

公開日: : 相撲 , , ,

hitachiyamaどうも、相撲観戦歴30年のブログ主です。

今日も今日とて、部屋で四股踏んだり、かみさんに立ち合いについて教えたりして嫌な顔をされてます。

今回は、個人的にイケメンやなと思う関取をピックアップしてご紹介します。
女性が選ぶイケメン力士ベストというのは多いはずだけど、男が選ぶイケメン力士というのは少ないんじゃないかと思ったもので。
画像引用元:国立国会図書館

SPONSORED LINK

イケメン力士まとめ

1425372772889
30年近くも大相撲を見続けていますが、男から見ても真に「おー。イケメンやな」と思える力士は少なからずいます。実力の伴ったイケメン力士だと、つい応援にも熱がこもるってもんです。

ピックアップしているうちに楽しくなってきて力士数が増えすぎたので、今回は日本人で関取経験のある50人に絞りました。外国の力士はかっこいい人多すぎやからね。

完全に独断と偏見ですので「ワタシのお気に入りが入ってない!ふざけんな!」と怒り心頭、柱に向かって鉄砲等始めないように願います。
※初土俵の古い関取順

常陸山 谷右衛門

hitachiyama8
明治25年6月(初番付)~大正3年5月

相撲の強さ、人物という点で横綱の理想像とも言える日下開山。角聖、または御大という尊称あり。
加えてこの端正な顔だち!

過去~現在の相撲界でもトップクラスにかっこいいと思います。この記事のトップの画像も常陸山です。

両國 梶之助

両国
明治42年6月~大正13年1月

颯爽とした風貌で人気を博した大正時代の力士。
体格にこそ恵まれなかったが筋骨たくましく、粘り腰があったという。上位と対戦してもひけを取らない強さだが、どうも大技にこだわりすぎるところがあったようで、下位力士に対して思わぬ取りこぼしもあったとか。

見ての通りの色男。人気の出ないはずがありませんな。

西ノ海 嘉治郎(三代)

1425323703449
明治43年1月~昭和3年10月

幼少より怪力で鳴らした三十代横綱。
家出をしてまでも入門した不屈の力士。が、かなり慎重な性格のために立ち合いはうまくなかったらしい。

透徹したまなざしと口元が特徴的ですね。僕はかっこいいと思います。

宮城山 福松

宮城山
明治43年6月~昭和6年1月

「大阪に宮城山あり」
若手の頃より有望と目された体力自慢で、大阪相撲最後の横綱。実力はあったが、「弱い横綱」と呼ばれた。土俵人生晩年は衰えたまま土俵に立たなければならない事情もあった。

凛々しい顔立ちです。クール。

武藏山 武

武蔵山
大正15年1月~昭和14年5月

従来の力士のイメージを覆す、長身、筋肉質の横綱。入門前は砲丸投げの県代表に選出されるほどの怪力。
「天龍事件」や右腕の骨折など、様々な不運に見舞われながらも期待に違わぬ活躍を見せ、綱を張った。

近代的な容姿からゲイリークーパーにも喩えられて、人気も高かったようです。

双葉山 定次

Futabayama
昭和2年3月~同20年11月

強靭な二枚腰を持つ昭和の名横綱。どんな相手も「受けてたつ」という言葉がピタリの横綱相撲は土俵に金字塔を築いた。

貫禄の表情は不動心そのもの。かっこいいぜ…。

輝昇 勝彦

輝昇
昭和12年5月~同31年3月

一日3000回の鉄砲をこなし、突っ張りに磨きをかけた関脇輝昇。

四つはあまりうまくなかったらしいですが、片岡千恵蔵に似たイケメンで人気は高かったようです。

吉葉山 潤之輔

吉葉山
昭和13年5月~同33年1月

高島部屋の力士たちに人違いされて部屋へ連れて行かれ、そのまま入門したという不思議な力士。こじらせた盲腸炎の執刀にあたった医者(吉葉庄作)の名にちなんだ四股名を持つ四十三代横綱である。

エピソードもかっこいいけれど、顔立ちも相当かっこいいと思います。

信夫山 治貞

信夫山
昭和15年5月~同35年9月

戦争に駆り出されソ連の収容所に送られるも脱走、関脇まで上り詰めた「りゃんこの信夫」こと、信夫山。

写真は吾妻山を名乗っていたころのものですが、大変見事な男っぷり。

緋縅 力弥

緋縅
昭和16年1月~同33年11月

『ひおどし』と読むが、当初は若大蛇を名乗った。
負け越し知らずで入幕を果たしたが、上位に食い込むことは叶わなかった。

髪が若干気になりますが、とても綺麗な顔立ちをしたお相撲さんですね。

朝潮 太郎

Asashio_Taro_the_3rd
昭和23年10月~同37年1月

四十六代横綱、朝潮太郎。
優勝回数五回のうち四回を大阪場所で決めたことから付いた異名が「大阪太郎」。相手の体を挟み込む『鶏追い戦法』が強烈で、攻勢に出れば強かった。半面守勢に回ると脆さをみせることもあった。

毛むくじゃら、ごんぶとの眉毛、発達した顎、鋭いまなざし、まるで劇画から飛び出してきたような「おっとこ前」。しびれるねえ。

明武谷 保彦

明歩谷
昭和29年3月~同44年11月

最高位関脇の偉丈夫、明武谷。力自慢を生かした釣りが得意。
彫りの深い顔立ちと、逞しい体で女性ファンも多かったようです。とりわけ外国の女性に人気があったとか。

映画俳優のようなイケメンですな。

清國 勝雄

清國
昭和31年9月~同49年1月

壊し屋の異名をもつ、怪力の大関。清國の國は、横綱の照國より。

腕力自慢とは裏腹の、力士っぽくない爽やかな顔立ちから、女性に特に人気がありました。

大鵬 幸喜

大鵬
昭和31年9月~同46年5月

恵まれた体格と堅実な取り口で抜群の実績を誇る昭和の名横綱。
前さばきもうまかったが、足腰の柔らかさは相手の力を吸収してしまうようだったという。引退後はその功績から一代年寄「大鵬」を贈られた。

長らく自ら告白することはありませんでしたが、白系ロシア人の父と日本人の母を持つハーフです。
誰が見てもイケメン!と思えるマスクですね。

北の富士 勝昭

北の富士勝昭
昭和32年1月~同49年7月

入門当初は決して注目されるような力士ではなく、やる気を失った時期には兄弟子から半殺しの目にあったこともあるという。
速攻相撲を身につけてからは有望力士とみられた。
出羽海部屋から独立後すぐに幕内最高優勝、新九重部屋に陽を当てた。四十一代横綱。

なんというか、色男!って感じでしょうか。今でもかっこいいもんなぁ。

龍虎 勢朋

龍虎
昭和32年1月~同50年5月

入門当初は軽量であり、その他大勢の力士として注目されることはなかったが、足掛け11年で入幕。
アキレス健の断裂を経験して幕下まで陥落しながらも再入幕を果たした不屈の力士。最高位小結。

凛々しいルックスと小気味よい相撲で人気を博した龍虎。
僕が知ったときはすでに引退していて、料理番組のコメンテーターみたいなことをしていた気がします。

貴ノ花 利彰

貴ノ花
昭和40年5月~同56年1月

初代若乃花の実弟。横綱貴乃花、三代目若乃花の父。
土俵際に追い込まれても、足をとられても、上背のある力士にがっぷりに組まれて押し倒されそうになっても、しぶとさと粘り腰で決して相撲をあきらめず、行事泣かせと言われたその相撲は多くのファンを魅了した。

現役時代は角界のプリンスと呼ばれ、大変な人気を誇った貴ノ花。おそらく近代相撲史上で最も人気のあった力士の一人だと思います。

増位山 太志郎

増位山
昭和42年1月~同56年3月

現役時代から演歌歌手としてレコードも出していたという経歴を持つ大関。
右四つ得意で、まわしをつかむと多彩な技を繰り出した。
大関在位は7場所。

現在では演歌歌手としてのほうが有名でしょうか。小学生のころ、増位山を模した人型の消しゴムを持っていて、これでとんとん相撲をやった記憶があります。消しゴムは弱かった…。

大飛 進

大飛
昭和43年3月~同58年5月

真面目で稽古熱心な力士。
入幕後、怪我や痛風で幕下まで陥落したが不屈の精神で帰り入幕を果たした。
最高位:東前頭二枚目。

引退後、相撲教習所で教鞭をとっていることからもわかるとおり相撲について非常に博識で、協会が主催した相撲寺子屋でも長らく講師をつとめた。

現役時代もイケメン杉だけど、現在もめちゃかっこいいです。

引用:相撲レファレンス

若乃花 幹士(二代)

若乃花 二代目
昭和43年7月~同58年1月

隆の里とともに初代若乃花に見いだされた「花のニッパチ組」のひとり。
素質十分、天性の柔らかな足腰と深い懐で、昭和53年7月に五十六代横綱になった。

同時期に活躍した北の湖、輪島の印象が強すぎて、個人的には影の薄い横綱ですが、最盛期は蔵間と人気を二分するほどだったらしいです。

蔵間 竜也

蔵間
昭和43年9月~平成元年9月

「土俵の華」こと蔵間。
闘志を表に出すタイプではなく、マイペースな力士であったと記憶する。ぎりぎりで勝ち越すことも多く、若いころから「末は大関」と期待も大きかっただけに、戦績については不満のある人も多いのではと思う。

すらっとした長身、美形であり、人気力士の代名詞みたいな人です。ずいぶん長いこと幕内で活躍していましたね。

輪島 大士

輪島
昭和45年1月(幕下付出しデビュー)~同56年3月

日本大学相撲部在籍時に2年連続で学生横綱となり、前評判は非常に高かった輪島。
期待に違わぬ活躍で番付をかけあがり、学生横綱として初めて綱を張る。
左下手で無双。黄金の左手と呼ばれた。

横綱といえば輪島!というくらい夢中になった力士です。整った顔立ちというのとはちょっと違いますが、いちいち渋くて貫禄があってかっこいい!黄金のまわしもいいですね。

千代の富士 貢

千代の富士
昭和45年9月~平成3年5月

生家の漁業で鍛え上げられた強靭な足腰、天性の瞬発力、柔軟さ、鍛え上げた筋肉の鎧、どれをとってもA級。
豪快な相撲と精悍な顔立ちでウルフと呼ばれた昭和~平成の大横綱。横綱在位は10年間、全勝優勝7回。

土俵上をひとたび降りると、はにかんだような笑顔を見せるのが子供ながらに印象的でした。

大徹 忠晃

大徹
昭和46年7月~平成2年9月

軽量ながらも懐が深い長身、得意は左四つ。吊り出すように寄り切る取口は長躯ならでは。
初土俵から引退まで一度も土俵を休んでいない。最高位は小結。

まわしの色や極太のもみあげなど、いじられる要素満載の力士。本人も陽気な人柄で、ネタにされることを笑い飛ばしていたようです。
好角家で知られるデーモン小暮のラジオで、モアイ、あまつさえ和式便所の蓋のような顔などとリスナーから揶揄されていたけれど、僕はかっこいいと思います。飄々とした人物も含めて。

ニコ動に上がってたので一応。
大徹ラップ34分くらい。

出羽の花 義貴

dewanohana
昭和49年3月 (幕下付出デビュー)~同63年1月

「実力者」出羽の花。
学生横綱から鳴り物入りで幕下付出デビューを飾ったものの、しばらくは入幕できずに低迷した。
地力のついた入幕後は怪力を活かして上位を苦しめ、三役常連となってからはいぶし銀の相撲で下位力士の前に立ちはだかった。

相撲のうまさにばかり目が行きがちですが、出羽の花ってイケメンだと思いませんか?僕だけかな…。

若嶋津 六夫

若島津
昭和50年3月~同62年7月

『南海の黒豹』の異名をとった人気力士。
典型的なソップ型だが、大関昇進後の成績は安定感抜群で、素晴らしいものがある。
しかし、綱取りのチャンスを逸したあとはピークが過ぎたのか緩やかに下降していき、怪我や糖尿病もあって二桁勝ち越すことができなくなった。

キャプテン翼の名ゴールキーパー若島津くんの名前のモデルとなった力士です。そのくらい人気もあったんですね。

霧島 一博

pic_oyakata01_2
昭和50年3月~平成8年3月
小学生のときから体を鍛えるのが好きだったという逸話が残る、昭和~平成を代表する人気力士。
入幕後、上位との対戦で軽量であることが災いして相撲にならなかったのを機に肉体改造、体重を増やし大関の座を射止める。
最盛期は小錦さえも吊りだすと豪語するほどの怪力で、吊りを得意とした。

フランスはパリでの公演では、「相撲界のアラン・ドロン」と呼ばれたほどの男前。
霧島が現役中に著した『踏まれた麦は強くなる』は名著です。

引用:陸奥部屋HP

北天佑 勝彦

北天佑
昭和51年3月~平成2年9月

力士としてこれ以上ないと言える均整の取れた理想的な体つきで、横綱も夢ではないと思われた逸材。
持前の豪快な相撲で大関まで昇進するも、その後は相撲がおとなしくなってしまい、ついに綱には手が届かなかった。

兄弟子北の湖の優勝を援護する相撲で隆の里を下し、土俵上から土俵下に控えた北の湖に投げかけた嬉しさを抑えきれない笑みは、とても清々しいものでした。

益荒雄 広生

白いウルフ
昭和54年3月~平成2年7月

白いウルフの異名もつ。(一般公募から名づけられたらしい)
非常に稽古熱心でメキメキと実力をつけ、関脇まで上り詰めて益荒雄旋風を巻き起こした。
半面怪我の多い力士で、実力がありながらも上位にとどまることができなかった。

めちゃイケメンすね。でもちょっとおっかない?

寺尾 常史

terao
昭和54年7月~平成14年9月

関取在位は実に110場所。長く関取を続けて相撲界の人気を支えた立役者。
回転の早いつっぱりは寺尾の代名詞。
若干18歳の前頭十三枚目貴花田に負けたときに花道で口惜しさをあらわにしてさがりを叩きつけたエピソードは、勝気で闘志剥き出しな性格を物語る。

大変な美形力士として知られる寺尾ですが、もちろんそれだけで人気力士になったわけではありません。相撲っぷりや相撲道に精進する姿が観客の心をとらえたんですな。
しかし、この写真、いくらなんでもかっこよすぎじゃないか!?w

引用:寺尾オフィシャルサイト

旭富士 正也

旭富士
昭和56年1月~平成4年1月

様々な理由で綱にあと一歩届かず、大関在位17場所でようやく綱を張った実力者。大関時代に負け越しや角番がないことからもその安定した強さがうかがい知れる。
横綱昇進は自身が30歳のとき。綱取りが遅れたせいか、横綱在位は9場所に終わった。

現在は年寄伊勢ケ濱。審判部長として土俵下でたびたび鬼の表情をしているのを中継されていますねw
なんというか、こわかっこいいって感じですかね。

実はとてもひょうきんな一面もある人で、バラエティ(歌番組)なんかにも出演したりしていました。

熊翁 博

t02200293_0240032012444062805
昭和56年3月~平成6年3月

小兵ながらも稽古で身に着けた速攻相撲でならした力士。ついに入幕は叶わなかったが十両を計15場所つとめた。

凛々しい顔立ちで女性からの人気も高かった力士ですが、目を負傷して十両から遠ざかって引退しました。
引退後、熊谷で相撲茶屋を経営していましたが、若くして亡くなられました。

引用:週刊とっちゃんの部屋

北勝鬨 準人

北勝鬨関
昭和56年5月~平成12年9月

体つきを見てもわかるように、力士として恵まれた体躯をしており、将来が有望視された。
西前頭三枚目まで上り詰めたが二桁勝利になることがなく、稽古不足の声が当時はあった。

イケメンなんだけど、大活躍とか大躍進とかいうのがなく、印象に残りにくい力士。三役あたりで活躍したら人気力士になったんじゃないかなあ。

琴ノ若 晴將

Kwaka_grin
昭和59年5月~平成17年11月

非常に恵まれた体躯で、素質も十分。期待に違わぬ活躍で長く幕内力士をつとめたが、大関には一歩届かなかった。
相撲が長かったせいもあるのか、怪我に悩まされた力士でもある。

「気は優しくて力持ち」を地でいくようなお相撲さんで、その優しさが災いしているようなことを解説を通して何度か耳にしたことがあります。三役をあけ渡してからも人気は衰えず、特に女性からの支持が非常に高かったのを記憶しています。

引用:sumo forum

浪之花 教天

浪之花
昭和59年5月~平成9年3月

体は決して大きくないが負けん気が強く、闘志をみなぎらせた仕切りは人気があった。
剣晃との激しい相撲は因縁の対決とまで言われ、観客を沸かせた。最高位:東小結

キリっとした表情で、ミニウルフと呼ばれた男前な浪之花、現在は相撲協会を離れています。

旭豊 勝照

220px-Asahiyutaka_2010
昭和62年3月~平成11年1月

「角界の暴れん坊将軍」こと旭豊。
とくに相撲が荒っぽいからとかいう理由ではなく、俳優の松平健に似ていたことから。
幕下あたりでやや燻っていたものの、改名して入幕後は地力を見せ、小結まで昇進した。

親方となった今でも女性からの支持は熱いものがあります。通称イケメン親方。

貴乃花 光司

貴花田
昭和63年3月~平成15年1月

説明するまでもない、大横綱。
大型力士が活躍する当時にあって、それをまともに組み止めることのできた数少ない力士。対抗するために自身も体重の増加につとめた。
親方となった現在は、強烈な相手との激闘の名残りか、少し寒くなるだけで古傷が痛むので手袋がかかせず、右手は痺れるために左手で箸を持つという。
相撲とは、かくも過酷なものなのかと思わせる。

顔だけみると優男のようですけど、鬼ほど強い…。
若いころはわりと闘志を剥き出しにして相手を睨みつけたりしてましたね。武蔵丸との優勝決定戦で見せた鬼の形相は有名。

魁皇 博之

kaio
昭和63年3月~平成23年7月

幕内在位107場所、10年以上の長きにわたり大関の地位を守り続けた、空前の大関。
生涯戦歴1047勝は圧巻。剛腕をいかした上手投げが強烈で、左四つ右上手をひけば勝負あったと思わせるほどの怪力ぶりだった。

人気もあり、特に九州場所の声援はすさまじいものがありました。
仕事で魁皇の出身である直方市行くことも多かったのですが、魁皇フィーバーといった感じでした。ご当地のスーパーヒーローでしたね。

舞の海 秀平

20100901mai-643x857
平成2年5月(幕下付出デビュー)~同11年11月

技のデパートと言われた相撲界を代表するトリックスター。
小兵であることを活かした、相手を翻弄する取口は力士の大型化が進むなかで際立ち、相撲の面白さというものを再発見させてくれた。

毎回、舞の海の取組は楽しみにしていたものですが、風貌も実に颯爽としていて美男子だなぁと思ったものです。

引用:青森の魅力

濱ノ嶋 啓志

hamagi_s1
平成4年1月 (幕下付出デビュー)~平成16年5月

前褌を取ると力を発揮する。小兵ながら相撲にうまさがあった。
幕内で安定した戦績を残し続けたが、次第に相撲に精彩を欠くようになって幕下に陥落。最高位:小結

五月人形みたいなお相撲さんでしたね。現在は年寄尾上。

引用:sumosketch

隆乃若 勇紀

200px-Takanowaka_2008
平成4年3月~同19年9月

大器として期待されながら、怪我などに泣かされて伸び悩んだ力士。
体格をいかしたやや大味とも言える相撲で、素質はあるものの勝ちきれない取組も多かった。
最高位:関脇

鳴門部屋贔屓の僕は、隆乃若を応援していました。
関取としてもかっこよかったですが、現役を退いて痩せたらまたかっこよくなりましたな。
尾崎勇気のオフィシャルブログ

栃乃花 仁

20090216_4_5
平成7年3月~同20年1月

番付下位でやや足踏みこそあったものの、新入幕の場所では12勝を挙げ、地力を見せつけた力士。敢闘賞2回、技能賞2回を獲得している。
一時期は幕下まで番付を下げたが、見事な復活劇で再入幕を果たした。最高位小結。

今もかっこいいですが、現役当時から涼やかな瞳が印象的な美男力士として人気がありました。

安美錦 竜児

aminisiki
平成9年1月~
いや、イケメンよ?安美錦。

次に何をしかけてくるかわからない技巧派、土俵を下りた時の軽妙な口調と、きわどい質問も軽くいなせるセンス。
とても頭のいい力士であることは間違いありません。

体重を増やしてからは技に頼ることは少なくなりましたが、それでも相撲のうまさは際立っています。
膝を壊してからは軽口も叩くことも少なくなっていましたが、最近はまた明るい表情を見せてくれていますね。

不思議な魅力をもったお相撲さんですな。

北太樹 明義

北太樹
平成10年3月~

現役32歳。頭髪が少しさびしくなってきたかな…。

一月場所は十両で13勝2敗の好成績。さすが実力は幕内ですね。
帰り入幕確定。がんばってほしい。

普天王 水

普天王
平成15年1月(幕下付出デビュー)~同23年5月

アマチュア時代に獲得した14のタイトルを引っ提げて鳴り物入りでの幕下付出しデビュー。二場所で新十両、翌年新入幕。
ちょんまげで相撲を取っていたと記憶している。
最高位の西小結で迎えた9月場所に朝青龍を寄り倒しで破り完勝。勢いに乗るかと思われたが、終わってみれば5勝10敗の負け越し。
怪我もあってその後の場所もなかなか星が安定しなかった。怪我がなければと悔やまれる。現役中は左四つからの寄りを得意した。

ブログ力士のさきがけ。真面目な性格で人の良さがにじみ出ている顔をしていますね。
現在は年寄稲川。

隠岐の海 歩

隠岐の海
平成17年1月~

身長189cm、体重163kgは堂々。しかも胴長短足で相撲取りとしては申し分のない体躯。加えて色男。

稽古は嫌い!と言い切ってしまえるところあたり、隠岐の海関らしくて清々しいw
まあ、八角親方も言ってたけれど、稽古なしで上位に食い込めるほど相撲が甘いわけないので、しっかりと努力している証ですな。3月場所は自身の最高位となる西関脇、期待しています。

勢 翔太

勢
平成17年3月~
高須クリニックの高須院長と西原理恵子さんをタニマチに持つ人気力士。お二人が溜席で応援してるのを見たことがある人もいるかもですね。西原さんの絵が刺繍された化粧まわしがいいっ!

2015年1月場所は1勝にとどまり残念な結果となりましたが、素質は十分、人気も十分の勢関。期待せずにはおれません。

千代の国 憲輝

Chiyonokuni2_2012_Jan
平成18年5月~

一時は前頭八枚目まで番付を上げたが、度重なる怪我で2015年3月場所は三段目二十八枚目。
怪我を治して復活してほしいっすね、まだ24歳だし。

イケメンだけどユニークな方ですね。最近は食べ物のツイート多いですな。

琴恵光 充憲

琴恵光
平成19年3月~
宮崎県出身の僕としては、この力士を紹介しないわけにはいきません。
実に32年ぶりとなる宮崎出身の関取、琴恵光関!

新十両で負け越して幕下に陥落したものの2015年三月場所にはカムバック、甘いマスクも手伝って人気はうなぎ登りです!
十両で活躍して栃光以来となる郷土出身幕内力士になってほしいです。

最近は体もできあがって、貫禄も出てきました。でもまだ23歳ですからね!

遠藤 聖大

遠藤
平成25年3月(幕下付出デビュー)~
「しょうた」と読みます。

相撲のことを知らなくても遠藤は知ってる、という人がいるくらいの知名度を誇る力士。
新十両で14番勝って1場所通過、初土俵からわずか6場所で敢闘賞獲得。7場所目には大関撃破。しかしこの場所は負け越し。続く場所(五月場所)も金星こそあげるものの負け越し。
現状は平幕上位で負け越しと勝ち越しを繰り返しています。当然ながら遠藤をもってしても上位の壁は厚い。

数か月遅れで初土俵を踏んだ逸ノ城に話題をさらわれている感もありますが、お互い切磋琢磨して大相撲を盛り上げてほしいですね。
イケメン対決では遠藤に軍配かなw


 
以上50名が僕が絞りこんだイケメン力士です。
あなたの推しメン力士もよかったら教えてください(‘ω’)ノ

SPONSORED LINK

関連記事

Terunofuji_2014

【照ノ富士が強い!】横綱白鵬を脅かすおそるべき逸材!素質十分で大関は目前!?

照ノ富士が止まらない。 今までも、その強さと躍進ぶりには光るものがあったけれど、2015年に入

記事を読む

大露羅1

【大相撲力士のかっこいい名前?】面白い四股名・変わった四股名、集めてみたよ

個性的で難解な名前を巷ではキラネーム、またはDQNネームなどといいますが、お相撲さんにも変わった

記事を読む

DSC_1651

【御嶽海が強い】遠藤との取組が楽しみなこの力士の名前を心に刻もう!【出羽海部屋完全復活も間近!?】

やはりこの力士のことを書かないわけにはいきません。 御嶽海 久司 22歳 出身:長野県木曽郡

記事を読む

800px-Gagamaru_2010_Jan

臥牙丸(ががまる)泣く「相手出てるじゃん…」

臥牙丸が泣いた(また)。 なにがあったか知らない人のためにお話したい。 【平成27年

記事を読む

e32858bd89fc05c6ea2dc47a7c00ed36_s-min

【四股踏みはダイエットにも効果あり?】相撲部屋見学でみた力士の稽古はめちゃきつそう!股割り~かわいがりまで

お相撲さんって奇数月の十五日間だけ相撲を取って、あとは何してんの?相撲界って、のんびりしてていい仕事

記事を読む

kokugi

白鵬 猫だましをきめるの巻

平成27年11月場所十日目、白鵬対栃煌山戦。 立ち合い、横綱がまさかの珍技猫だまし、そして変化

記事を読む

ii

【照ノ富士がかわいい…だと!?】すっかり逸ノ城を霞ませてしまったガナの人気に嫉妬!

照ノ富士 春雄。愛称、ガナ。 現在、綱にもっとも近い男(と思っている)。 番付的には上位であ

記事を読む

大相撲 手刀

【大相撲の懸賞金って一本いくら?】片手で掴むのは無理!な時代がやってきた

長年大相撲を見続けている人なら一目瞭然なのですが、最近は、昔と比べて明らかに懸賞金増えてんなぁと感じ

記事を読む

akaduna

【還暦土俵入り まとめ】太刀山から千代の富士まで

1955年6月1日生まれの元横綱・千代の富士(現・九重九親方)が、2015年5月31日に国技館で

記事を読む

オーミすき油

【力士の匂いはオーミすき油】なぜお相撲さんのびんつけ油はよい香りがするのか?【櫨蝋について】

住んでいる土地柄のせいか、たびたび取的(お相撲さん)を街中で見かけます。 よく言われるように、相撲

記事を読む

Comment

  1. […] した。 半面怪我の多い力士で、実力がありながらも上位にとどまることができなかった。 [引用元] 【イケメン力士は遠藤だけじゃないぜ】過去~現在のかっこいい関取衆50人! | Aganism […]

  2. チクサン パッカ より:

    昭和60年代にイケメン力士が沢山居たような気がします。井筒部屋の霧の若・福薗・陸奥部屋の竹山ほかにも沢山いやよね~

  3. momo より:

    現役では遠藤と並ぶ美形、旭秀鵬。琴欧州がはいっていないということは、外国生まれは対象外なのかな。
    それにしても、イケメンは眼福です。

    • aganisim より:

      コメントありがとうございます!
      外国人力士はイケメンが多い(多すぎる!?)ので、この記事では紹介しませんでした。

コメントを残す

ドラゴンズドグマ オンライン_20151217165946
【DDON】ポーンのゆさぶり命令が実装されたわけだが【12/15アップデート】

12月15日にシーズン1.2アップデートが行われたドラゴンズドグマオン

1449454828361
【2016】システム手帳はやめてキャンパスノート手帳にしてみた

年の瀬に思うことのひとつに 「来年からは手帳を持って、仕事の

1449428551004
【フェイスパック】歌舞伎かキャッツか…一心堂本舗の顔パックを試してみた

毎年冬になると鼻の周りがカッサカサになる。 大変見苦しいので、フ

800px-Gagamaru_2010_Jan
臥牙丸(ががまる)泣く「相手出てるじゃん…」

臥牙丸が泣いた(また)。 なにがあったか知らない人のためにお

kokugi
白鵬 猫だましをきめるの巻

平成27年11月場所十日目、白鵬対栃煌山戦。 立ち合い、横綱がま

aganism_jiisan1
【ブログを始めるにあたって】初心者の私がジャンル選定をミスった話

2015年10月17日でブログ1周年。 まだまだブロガーとし

Dragon's Dogma Online
【DDON:リムが足りない】リムは稼ぐよりも節約する…【ソロ無課金視点】

サポートポーンをレンタルするときに対価として支払わなければならない

42c4c236 - コピー
【通販のチキン南蛮にガッカリ】これ、味のおぐらの看板にキズがつかないか?【宮崎県民視点】

田舎からレトルトのチキン南蛮が送られてきました。 関東に住ん

ドラゴンズドグマ オンライン_20151101175122
【DDON:ソロ】モゴックさん強すぎ!『友の来訪』【メインクエストとりあえず終了】

メインクエスト『友の来訪』 モゴック戦を漸く終わらせました。

Dragon's Dogma Online
【DDON:ソーサラージョブ修練】ポーンにメテオフォール覚えさしたろ【ソロ日記】

課金せずともやれるぜよ 公式のこの言葉を胸に、不自由を感じつ

→もっと見る

PAGE TOP ↑